太陽光発電システムの導入をサポート!
太陽光発電システムHOME > 補助金:話題の「復興支援・住宅エコポイント」のしくみとは?
 
イラスト

話題の「復興支援・住宅エコポイント」のしくみとは? 太陽光発電補助金と復興支援・住宅エコポイントをダブル支給でおトクなケースも!?

「復興支援・住宅エコポイント」って、何だろう?

パネルくん、
復興支援・住宅エコポイントという言葉をよく聞くけど、どんな仕組みなの?
アイコン パネルくん
図解:交換可能な商品
復興支援・住宅エコポイントというのは、1ポイント1円相当で様々な商品、商品券と交換したり、環境寄附、追加工事の費用に充当することができるんだ。

発行されるポイントのうち1/2以上を復興支援商品(被災地の特産品や被災地の義援金)に交換できるよ。また、発行されるポイントのうち1/2までは、エコ商品等(環境配慮 製品、環境寄附、即時交換)に交換できるんだ。

参考:
復興支援商品検索
エコ商品検索

商品交換以外にも「即時交換」といって、ポイント対象外の追加工事、例えばキッチンの改修や、間取りの変更など同時に工事を行った場合、エコポイントから支払いができるんだよ。
これはグッドでしょう?
図解:即時交換のしくみ
へぇ〜、お得な制度だね。
新築やリフォームならどんな家にでも支給されるのかい?
アイコン パネルくん
図解:新築の場合
新築なら「省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅」か「省エネ法のトップランナー基準相当の住宅」に対して被災地なら30万ポイント、その他の地域なら15万ポイントが支給されるんだよ。 また、リフォームなら窓や外壁などの断熱改修を行うとリフォーム内容に応じてポイントが支給されるんだよ。
アイコン お父さん 15〜30万ポイント!! それはすごいね。
でも、省エネ基準とかトップランナー基準相当ってよくわからないな〜
アイコン パネルくん 省エネ基準とは、外壁や窓等に対して規定された一定の水準のことだよ。
トップランナー基準相当とは以下の2つを満たしていることを指すんだよ。

一般的な設備を備えた場合の一次エネルギー消費量(外壁、窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について総合的に評価して得られるエネルギー消費量)と比べ、およそ10%を削減していること。(平成20年時点)
例として以下のような設備を備えた住宅などが考えられるよ。

  • 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と高効率給湯設備(併せて節湯器具を設置)
  • 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と熱交換型換気設備や高効率空気調和設備
  • 省エネ判断基準を満たす外壁、窓等と太陽光発電設備
  • 省エネ判断基準を超える高い断熱性能を有する外壁、窓等
外壁や窓が「次世代省エネルギー基準」を満たすこと。
(平成11年省エネルギー基準)
図解:省エネ基準
どちらも詳しいことは工事を担当する施工店に聞いた方がいいね。

参考:ポイントの発行対象となるエコ住宅の新築

  • 太陽光発電とは?
  • 固定価格買取制度について
  • 設置から発電まで(事前準備)
  • 設置から発電まで(設置工事)
  • オール電化住宅のメリット
  • オール電化と太陽光発電

お見積りはこちら

  • 見積依頼 ラクラク簡単お見積 国内メーカー7社から最適な提案をいたします。

太陽光発電導入シミュレーション

  • クリックだけでお手軽イメージ まずは簡単シミュレーション 設置したら、どの位発電するの?どれくらい節約できるの?
  • 詳しく知りたい人向け トクを比べて本格シミュレーション ホントにおトク?今の光熱費を元に詳しく分析。
  • 地域の最新情報 もらっておトク 補助金シミュレーション で、結局我が家はどれくらい補助金が出るの?
ページトップへ