太陽光発電システムの導入をサポート!
太陽光発電システムHOME > 公共産業用太陽光発電について
 

公共産業用の太陽光発電システム 太陽光発電システムの導入で、環境に、そして社会に大きく貢献。

太陽光発電導入のメリット

1.環境貢献

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量は、増加の一途をたどり、中でも二酸化炭素はその約80パーセントを占めています。自然のエネルギーである太陽光を使う太陽光発電は、石油や石炭、天然ガスなどの消費を減らし、二酸化炭素の発生を抑えることができます。公共施設・事業所などは電力消費量が多いため、二酸化炭素を排出しない太陽光発電のメリットを得やすく、大きな環境への貢献効果が得られます。

2.エネルギー使用量の削減

系統を分けて運用すれば、設置システムのうち、一部は固定価格買取制度を適用した売電用システムとして、一部は発電した電気を優先して自社の工場やオフィスビルで使用することで、電力会社から買う電力量を削減することもできます。停電時など万一の備えにもなる自家発電システムを多めに確保するか、売電収入を高めるために全量買取型システムとして運用するか、目的や費用対効果などを考慮した導入計画が重要となります。

3.遮蔽効果による省エネ

太陽光発電システムを屋上に設置することによって、直射日光の熱を遮ることができ、結果的に空調負荷の軽減につながり、省エネ効果が期待できます。

4.環境ISO目標達成の為の手段

環境マネジメントシステム[*] 環境マネジメントシステム 企業や団体等の組織が環境方針や目的・目標等を設定し、その達成に向けた取組を実施するための組織の計画・体制・プロセスのこと。 認証の取得や更新に向けた使用電力量の削減目標を達成する為の手段として活用することができます。

5.CSRの実行と企業イメージの向上

CSR(企業の社会的責任、Corporate Social Resposibility)が重要視されてきている今日で、その一環である環境問題への取組を会社案内やホームページ、環境レポート等に掲載することで企業イメージの向上が図れます。
また新聞や雑誌に掲載されることで宣伝広告としての効果も期待できます。

6.リクルート活動対策

最近の大学では環境問題を取り上げた学科や授業が多くなってきており、学生が企業を選ぶ際にも企業理念や社会貢献度、環境に対する取組も重要視されてきています。

7.安定した売電収入

2012年7月1日から再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、一定の期間・価格で電気事業者が買取ることを義務付けた「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が開始されました。この制度により、少ないリスクで長期的かつ安定的に収益をあげることが可能になり、会社の収益事業の1つとして太陽光発電売電事業を検討される企業様が急激に増えています。
平成28年度の買取価格は24円(税抜)/kWh( キロワットアワー[*] キロワットアワー キロワット(電力の大きさ)に時間の単位をかけたもの。例えば、オーブントースター1000wを1時間使用し続けた値を1kWhと呼ぶ。 )で20年間固定となっています。

助成制度

写真 学校向け太陽光パネル

学校向け太陽光パネル
(写真提供:ソーラーフロンティア(株))

写真 山善東京本社

山善東京本社

グリーン投資減税

【制度の概要】
最新の技術を駆使した高効率な省エネ低炭素設備や、再生可能エネルギー設備への投資を重点的に支援する制度

【対象者】
青色申告書を提出する個人又は法人

【措置内容】
以下のいずれか一方の税制優遇措置が受けられます。
  1. 普通償却に加えて、基準取得価額の30%特別償却および100%即時償却
  2. 中小企業に限り、基準取得価額の7%相当額の税額控除

【適用条件】
平成25年4月1日〜平成28年3月31日までの期間内(即時償却については平成27年3月31日までの期間内)に取得等し、その日から1年以内に事業の用に供した場合

※制度の注意事項、詳細については資源エネルギー庁HPでご確認ください

エコスクールの整備推進

写真 学校向け太陽光パネル

学校向け太陽光パネル
(写真提供:ソーラーフロンティア(株))

地球温暖化対策が喫緊の課題となっている中、環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備が求められています。学校施設に導入した太陽光発電は、環境教育の教材として活用されるとともに、学校は地域にとって環境・エネルギー教育の発信拠点になることが期待されています。
文部科学省は、関係省庁と連携の下、学校施設への太陽光発電の導入を積極的に進めています。

ページトップへ