太陽光発電システムの導入をサポート!
太陽光発電システムHOME > ニュース&トピックス > バックナンバー 2015年 > 平成27年度 再生可能エネルギー買取価格が正式決定
 

ニュース&トピックス

平成27年度 再生可能エネルギー買取価格が正式決定

2015年03月20日|ニュース

経済産業省は、平成27年度の再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、買取価格と期間を正式決定しました。

平成27年度 太陽光発電システムの買取価格・期間

(1)非住宅用太陽光(10kW以上)

4月1日〜6月30日 7月1日〜3月31日
買取価格(税抜) 29円/kWh 27円/kWh
買取期間 20年間 20年間

(2)住宅用太陽光(10kW未満)

出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり
買取価格 33円/kWh 35円/kWh
買取期間 10年間 10年間
※出力制御対応機器の設置義務について
北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格を適用することとします。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格を適用することとします。

また、電気事業者が再生可能エネルギーの買取に要した費用を国民が電気料金の一部として負担する「再エネ賦課金」の単価は、全国平均1.58円/kWhで、標準家庭の負担水準は、月額474円となっています。なお、平成27年度の賦課金は、平成27年5月の電気料金から平成28年4月の電気料金までに適用されます。

関連のQ&A

再生可能エネルギー固定価格買取制度ってなに?


更新日:2016年03月01日
イエソラ優遇ローン金利のご案内(2014年9月) バックナンバー
2015年一覧に戻る
イエソラ日照補償サービス新規募集終了のご案内
ページトップへ